beebet

<ウェブサイト名>

<現在の時刻>

出典: 標準

FAQ お問い合わせ English サイト内検索 企業情報 企業情報 企業情報のトップページへ 社長ごあいさつ 経営理念 ビジョン プレスリリース 企業データ 会社概要 基本方針と安全衛生・環境・品質方針 沿革 組織図 役員一覧 ガバナンス 広告・CMライブラリ 受賞一覧 ネットワーク(拠点情報) 国内主要拠点 グローバルネットワーク 国内グループ会社 イベント情報 展示会情報 学生向けイベント情報 協力会社の皆様へ 鹿島事業協同組合連合会 メニューを閉じる 株主・投資家情報 株主・投資家情報 株主・投資家情報のトップページへ 社長メッセージ:株主・投資家の皆様へ 中期経営計画 コーポレート・ガバナンス 業績ハイライト 個人投資家の皆様へ 株価情報 IRライブラリー 株主・株式情報 サステナビリティ経営 統合報告書 IRカレンダー IRニュース メニューを閉じる 技術とサービス 技術とサービス 技術とサービスのトップページへ 事業分野サイト ニーズから探す 土木事業 開発事業 エンジニアリング事業 技術研究所 建築事業 海外事業 環境事業 KAJIMA DESIGN--> Projects 鹿島の実績集 THE SITE:現場レポート 現場ホームページリンク集 動画でみる鹿島の技術 メニューを閉じる サステナビリティ サステナビリティ サステナビリティのトップページへ 社長ごあいさつ 統合報告書 鹿島グループのマテリアリティ(重要課題) SDGsと鹿島の事業活動 各種方針 ESGの取組み 環境 社会 ガバナンス 社外からの評価 イニシアティブへの参画 ステークホルダー(方針・エンゲージメント) サステナビリティニュース サステナビリティデータ・GRI内容索引 サステナブルファイナンス 社会貢献活動 社会貢献トピックス KAJIMA彫刻コンクール メニューを閉じる 採用・インターンシップ 採用・インターンシップ 採用・インターンシップのトップページへ 新卒採用・インターンシップ キャリア採用 国内グループ採用 留学生の皆様へ 障がい者採用について 学生向けイベント情報--> 公式SNS メニューを閉じる 知る・楽しむ 知る・楽しむ 知る・楽しむのトップページへ カジマキッズアカデミー 探検しよう!いきものにぎわうまち 土木と建築ってなに? ようこそ!鹿島の建設現場へ けんきゅうしつ 設計ってどんな仕事なの? GAME:葉っぱでさがす ミツバチのいるところ 見て知る 広告・CMライブラリ 動画でみる鹿島の技術 YouTube鹿島公式チャンネル 読んで知る KAJIMA MONTHLY REPORT - 月報KAJIMA 鹿島の軌跡 建設博物誌 鹿島出版会 お薦めの書籍 メニューを閉じる ホーム > 技術とサービス > 土木技術 > A4CSEL > A4CSEL for Space A4CSEL forSpace 「次の現場は、宇宙です。」の実現に向けて 「次の現場は宇宙です。」 これは、2016年に鹿島が制作した広告のキャッチコピーです。 鹿島は2016年から国立研究開発法人 宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙探査イノベーションハブと、A4CSELの技術を月面拠点建設に用いるための共同研究を開始し、現在も継続して行っています。 「次の現場は宇宙です。」の広告 改ページ 月面拠点をA4CSELで建設するために 地球、あるいは宇宙ステーションから施工機械を遠隔操縦して作業を行う「遠隔施工」が想定されていた月面拠点建設では、長距離間通信で生じる遅延(時間遅れ)が施工効率を大きく低下させることが大きな課題となっていました。これに対して自動施工技術の適用性を検討してきたJAXAとの共同研究成果として、2019年3月には神奈川県小田原市に鹿島が所有する実験施設「西湘実験フィールド」で、初期の月面有人探査施設として想定されている居住モジュールの模型を複数機種の自動化建設機械で設置する実験を行い、その実現可能性を見出し、世界中の注目を集めました。 自動バックホウから自動キャリアダンプに土砂を積み込む 月面拠点施設を模したモジュールに自動バックホウが覆土を行う 月での無人による有人拠点建設作業のステップ 1. 整地 2. 掘削 3. モジュール設置 4. 覆土 動画を再生するには、videoタグをサポートしたブラウザが必要です。 JAXA・鹿島共同研究 The LUNAR BASE(動画:4分37秒) 改ページ 地球から月面の建設機械を動かす想定の、超遠隔施工実験に成功 さらに、2021年3月には、月面での建設機械の遠隔操作・自動運転を目指した遠隔施工実験を行いました。種子島宇宙センターの造成工事で使用していた自動振動ローラを、約1,000km離れたJAXA相模原キャンパスから遠隔操作と自動化施工の併用による「遠隔施工」の効率を評価する実験を行いました。遠隔操作の際には地球と月との通信遅延を人為的に挿入した上で、事前調査では想定困難な月面上の障害物を回避して施工エリアに進み、エリア内では自動運転によって作業することで高い施工効率が得られることを確認しました。A4CSELを応用した「遠隔施工」での月面拠点建設の実現につながる成果が得られました。 JAXA相模原キャンパスから1,000km離れた種子島の建設機械を動かす 動画を再生するには、videoタグをサポートしたブラウザが必要です。 JAXA・鹿島共同研究 月面での建設機械の遠隔操作・自動運転を目指して(動画:4分) 国交省の宇宙事業にA4CSELが採択 2021年11月、国土交通省が主管する「宇宙無人建設革新技術開発推進事業」で民間企業に委託する10件の取組みが発表され、鹿島のA4CSELを活用するテーマがR&D課題として採択されました。この事業は、建設事業の高度化を通じて、近い将来の月面等の宇宙開発における建設活動への展開を目指すもので、鹿島は、月面などでの現場条件に合わせた運転方法を見出すため、仮想空間で月面での動作を再現するシミュレーション技術を開発する予定です。A4CSELが宇宙で活躍する日はそう遠くないかもしれません。 関連情報 KAJIMA 2022年3月号:特集「A4CSEL×進化×深化」JAXAとの対談 プレスリリース:月面での建設機械の遠隔操作・自動運転を目指した遠隔施工実験の実施について~JAXAと鹿島A4CSEL®の共同研究~(2021年5月18日) プレスリリース:宇宙探査イノベーションハブの共同研究成果~自動化建設機械による月での無人による有人拠点建設の実現に向けて~(2019年3月28日) A4CSEL A4CSELのトップページへ A4CSELとは A4CSEL for Dam A4CSEL for Tunnel A4CSEL for Space ホーム > 技術とサービス > 土木技術 > A4CSEL > A4CSEL for Space 鹿島建設株式会社 ホーム 企業情報 株主・投資家情報 技術とサービス サステナビリティ 採用・インターンシップ 知る・楽しむ 社員向け災害対策情報 外部通報窓口 協力会社の皆様へ 電子公告 このサイトについて 個人情報保護方針 ソーシャルメディアポリシー サイトマップ FAQ お問い合わせ 関連リンク--> 関連リンク 日本建設業連合会 公式SNS Copyright (C) 1995–2024 KAJIMA CORPORATION All Rights Reserved.

rizinbeebet ゆうがどうカジノ スュペル・リグ カジノレオログイン
Copyright ©beebet The Paper All rights reserved.